奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

キク科の植物~ダンドボロギク(段戸襤褸菊)Ⅱ

更新日:

去年、玄関前の狭い場所に生えていたダンドボロギクは小型でしたが、今年は庭でのびのびと大きくなりました。名の由来が冠毛の様子が襤褸みたいというのは少し可哀想。「段戸」は1933年に愛知県段戸山で初めて見つかったことに由来します。山火事も後に最初に生えることからファイヤーウィードという名前も持ちます。火事だけでなく裸地に真っ先に生えて数年で姿を消します。

ダンドボロギクの特徴

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)花床と冠毛

花より冠毛のほうが目立って真っ白なのできれいです。北米原産のキク科タケダグサ属の一年草です。

茎 葉

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の長楕円形の葉

草丈は50~150cm。茎には縦に筋があり、全体的に柔らかく毛がありません。葉は5~40cmの長楕円形で互生、縁には不揃いな切れ込みがあります。下部の葉には柄があるものもありますが、上部の葉は茎を抱きます。上になるにつれ切込みが大きくなります。若い葉は食用になります。

ダンドボロギクは茎の上部に大きな円錘花序をだし、頭花を上向きに付けます。

花期は8~10月。茎の上部に大きな円錘花序をだし、頭花を上向きに付けます。

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花

頭花は細い筒状花で中心部に両性花、周囲が雌性花です。花色は白から、淡黄色。これはきれいなピンク色をしています。

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の総苞内片は細く一列にきれいに並んでいます。

総苞は18mm。総苞内片は細く一列にきれいに並んでいます。総苞外片は小さな三角形です。

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の花

果実

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の果実は2.2mm、茶褐色で縦縞が入っています

冠毛は14mmと長く、真っ白でふわふわ、風に乗ってよく飛びます。果実は2.2mm、茶褐色で縦縞が入っています。ちょっと触ったら冠毛は簡単にそう果から外れます。

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)の果実、冠毛は簡単に取れてしまいます

関連記事

ノボロギク(野襤褸菊)
キク科の植物~ノボロギク(野襤褸菊)Ⅱ

2月、庭の片隅に小さな見覚えのある特徴的な葉を発見しました。ヨーロッパ原産で明治の初期に日本にやってきたノボロギク(野襤褸菊)です。 特徴 キク科キオン属の一年草ですが、温暖な地では一年中見られます。 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.