奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

キジカクシ科~アマドコロとナルコユリ

更新日:

ずっとナナコユリだと思っていたのはアマドコロ(甘野老)でした。お花屋さんではナルコランと呼ばれているそうで、それで混同したのかもしれません。
キジカクシ科アマドコロ属の多年草です。ユーラシア大陸には班のないあまどころが自生しているそうです。

特徴

灯をともしたようなアマドコロの筒状花

アマドコロとは苦ーいオニドコロと違って食べられるので名付けられました。根、若い芽が山菜として食べられています。

茎 葉

葉が出てきました。

アマドコロの出てきたばかりの葉

茎の下部は直立、途中から斜上し上部には陵があります。草丈35~85cm。

アマドコロの稜のある茎

葉は長楕円形、柄はなく8~16cm。無毛で裏面は緑白色。

アマドコロの葉柄はなく長楕円形の葉

アマドコロの2個づつ並んだ筒状花

花期は4~5月。花柄は葉腋から出てアーチを描いて下がり1~2個づつ並んで筒状花を付けます。花径17~19mm、花柄と花のつなぎ目がなめらかです。花は筒状に合着して6裂した先端に毛があります。雄しべは6本、花糸の途中まで花筒と合着しています。

アマドコロの先端に毛がある筒状花

果実

果実は1cmの球形、黒色で中に4mmの種が4個入っています。

アマドコロとナルコユリの違い

アマドコロ ナルコユリ
 陵があるつるつる
 幅が広い 細長い
花期4~5月5~6月
花柄と花のつなぎ目 なめらか 突起状になる
根茎 結節がない1年に一個の結節を作る

ホウチャクソウ

イヌサフラン科のホウチャクソウもよく似た花を付けます。

イヌサフラン科のホウチャクソウの花

ユキノシタ科~チダケサシとトリアシショウマ

チダケサシとトリアシショウマは同じユキノシタ科チダケサシ属に属する多年草で、よく似た小さな花を円錐花序に付けます。その雑種はチダケトリアシ。チダケサシ属は変種、雑種が多いそうです。 チダケサシの特徴 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.