奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

アブラナ科の植物~アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)

更新日:

9月に見つけた小さな白い花は、アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)のようです。アブラナ科、タネツケバナ属の一年草で、在来種。コタネツケバナ、ミチタネツケバナ、タネツケバナなどが仲間ですが、花が咲くのは春です。ミチタネツケバナは30年ほど前にヨーロッパから渡来した種です。ただ生育場所によって個体差があって、なかなか判断の難しい種類のようです。

アキノタネツケバナ特徴

アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)

随分大きな株になりました。畑や田んぼの脇など湿り気のあるところに多いそうですが、我が庭では一番日当たりのよい所に沢山生えています。

茎 葉

アキノタネツケバナ、頼りない茎に下の部分は掌の様に浅く裂けてちょっとかわいい形

茎はよく分岐しますが頼りなくて自立できないほど、へなへなと倒れています。葉の色は浅く下の部分は手のひらの様に浅く裂けてちょっとかわいい形。茎には白い毛があるものとないものがあります。これにはありませんでした。

アキノタネツケバナ、先の方だけ開いた白い4枚の花弁、円柱形の雌しべ、6本の雄しべは。

花は2mm程、先の方だけしか開きません。花びらは白く4枚、雌しべは円柱形、雄しべは6本。ミチタネツケバナは雄しべが4本だそうです。

アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)の萼の色は同じ浅い緑と先が茶色のものがある

蕚の色は同じ浅い緑のものと先が茶色になっているのがあります。

アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)花後は花柱がどんどん長くなっていく

花の後は花柱ががぐんぐん伸びていきます。花柱の先はきらきらして綺麗。最初は茎かと思いました。

アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)の花柱はこんなに長くなりました

果実

アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)果実

膨らんで種ができました。さやは2つにきれいに分かれて下だけが残ります。種がはじけて見えているものもありますね。

アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)下だけ残った種が落ちた痕

種の大きさは1ミリにも満たなくて触ったら落ちてしまいました。種が落ちた後です。左右に互い違いについていた跡がわかります。

関連記事
ミチミチタネツケバナ(道種浸け花)
アブラナ科の植物~ミチタネツケバナとタネツケバナ

道端や植え込みの中にミチタネツケバナ(道種浸け花)をよく見かけるようになりました。 ヨーロッパ、東アジア原産で近年(1970年代)に渡来し急速に広がっている外来種です。タネツケバナ(種浸け花)の名前は ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.