奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物 庭の植物 果樹

レモンの木に仲良しアゲハの幼虫

更新日:

我が家のレモンの木には毎年沢山の蝶が卵を産んで葉っぱをむしゃむしゃ食べて育っていきます。アゲハの卵は産卵後黄白色でだんだん黄色を深くし孵化前には幼虫の姿が透けて見えるようになります。卵は黒っぽくなりますが、真っ黒な卵は残念ながらタマゴバチの幼虫に寄生されています。4齢幼虫は鳥の糞に擬態しているためあまりきれいとは言えませんが終齢幼虫になると虫嫌いの人でも可愛いと思うそうです。

アゲハの終齢幼虫

アゲハの終齢幼虫

レモンの木に5匹のアゲハの終齢幼虫を見つけました。そのうちの2匹がいつも一緒にいます。見る度に一緒です。じっと見ていたら

アゲハの終齢幼虫

方向転換です。

アゲハの終齢幼虫

この子たちは幼馴染なんでしょうか。お話しているみたいです。

アゲハの終齢幼虫

すれ違い成功です。毎日見ていると可愛くなります。

アゲハの終齢幼虫

何か言いたげな。お目くりくり(本当の目ではなく模様ですが)、頭の模様が可愛いいです。

アゲハの終齢幼虫

この子は下の方の枝にいて、スマホを近付けると頭を持ち上げて。

アゲハの終齢幼虫

目を細め体をずーと伸ばして美味しそうにレモンの葉を食べているのは7月にこのレモンの木を住みかにしていた幼虫です。

アゲハの終齢幼虫

糸で体を固定していました。蛹になる時にはほとんどが食卓を離れます。蛹の色は褐色型と緑型に分かれ色は場所によって変わります。後日確認されなかったので移動したのでしょうか。

レモン

そしてレモンが少し黄色みを帯びてきました。今年のレモンはずっしり重い、立派な実ができました。庭ならでは収穫時期でいろいろな味のレモンを楽しめます。完熟させると酸味が柔らかくなります。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物, 庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.