奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 育て方

アオイ科の植物~アブチロン(チロリアンランプ)

更新日:

初夏に咲き始めた花が寒くなってもまだ次々と可愛い花を付けているアブチロン。アオイ科のアブチロン属の常緑低木で木立性と半蔓性種があります。

アブチロンの特徴

アブチロンはブラジル原産で熱帯と温帯に約100種の品種があるといわれています。木立性のストリアツムと、半蔓性のメガポタニクムが親になって沢山の園芸品種があります。見た目が大きく違うものがあって多様性には驚かされます。

アブチロン

ウキツリボク(浮釣木)やチロリアンランプと呼ばれています。

鋸歯がある掌のようなアブチロンの葉

草丈30~150cm、葉腋から出した細い茎の先に花序を付けます。掌のような葉には鋸歯があり互生です。

赤い壺型の萼から5枚の黄色い花弁と赤紫色の雄しべのアブチロン

赤い壺型の萼から5枚の黄色い花弁と赤紫色の雄しべが出てきました。多数の雄しべは花弁と基部で合着して筒状になり雌しべを包んでいます。

赤い壺型の萼から5枚の黄色い花弁のアブチロン、花粉が出てきました

花粉が出てきました。

アブチロン

育て方

木立性は寒さに弱いものがあるようですがウキツルボクは耐寒性もあります。

花期
4~11月と長く花付きもよく比較的丈夫です。日光と水を好みますが、半日陰でも花を付けます。暑さは苦手です。

剪定方法
植え付け、挿し木は4~6月が適しています。葉腋から花芽を付けるので剪定の時に葉を残すことが重要です。

病害虫
アオイ科はハマキムシが発生することがあります。葉をくるっと巻いたり、糸で葉を綴じた中にいますから、取り除きます。

猩々とは

アブチロンはショウジョウカ(猩々花)の別名があります。猩々とは中国の空想上の赤い髪をした酒好きの動物です。そして同じ由来を持つトウダイグサ科のショウジョウソウ(猩々草)があり、ポインセチアは同じトウダイグサ科のショウジョウボク(猩々木)の流通名です。

ショウジョウソウ(猩々草)

サマーポインセチアともいわれるものです。名前は様々なところで使いまわされていますね。

ショウジョウソウ
トウダイグサ科の植物~ショウジョウソウ(サマーポインセイア)

庭の片隅に生えた草の葉はポインセチアのように色付き始めました。トウダイグサ科トウダイグサ属(ユーフォルビア属)のショウジョウソウでした。南北アメリカ原産、暑さに強く寒さには弱く1年草の扱いです。 ショ ...

続きを見る

アオイ科の植物

アオイ科にはハイビスカス、ムクゲ、フヨウ、オクラ、タチアオイ、ワタなどがあります。その特徴は、花弁が5枚、雄しべが基部で花弁と合わさり多数の雄しべが合着して筒状になっていることです。

雄しべが基部で花弁と合わさり多数の雄しべが合着して筒状になっているハイビスカス

ハイビスカス

雄しべが基部で花弁と合わさり多数の雄しべが合着して筒状になっているムクゲ

ムクゲ

オクラ

オクラ

タチアオイ

タチアオイ

面白い雄しべをしています。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.